【入会金0円、月660円⁉】GMOオフィスサポートとは?

信長塾のバーチャルオフィスプラン・サービス≫独自採点による評価と他社との比較

PR

信長塾のバーチャルオフィスプラン・サービス≫独自採点による評価と他社との比較

コワーキングオフィスを運営する信長塾には、住所だけを借りられるバーチャルオフィスプランがあります。

この記事では信長塾の基本情報に加えて、当サイト独自採点による評価、他社との比較を行いました。

やっち
やっち

バーチャルオフィスプランに絞って調査しました。

ふきだし 普通

宅建士、不動産ライター

やっち

感覚ではなく200社以上のデータを元にバーチャルオフィスを分析。
不動産大家業、リフォーム業、管理業、仲介業を経験し、様々な角度からバーチャルオフィスを比較検証。
マニアックな分析結果を分かりやすく伝えることを心がけています。

※最新の情報は必ず公式サイトで確認をお願いします
※全て税込表記です

信長塾公式サイト

信長塾の基本情報

信長塾の基本情報
項目岐阜市
5,400円コース
岐阜市
3,240円コース
岐阜市
1,080円コース
各務原市
初期費用入会金
32,400円
19,440円6,480円6,600円
月額料金5,400円3,240円円1,080円1,100円
住所利用
法人登記不可
郵便物
受取・転送

※郵便物
転送届提出

※郵便物
転送届提出

※郵便物
転送届提出

※郵便物
転送届提出
スタッフ無人無人無人有人
(税込)
  • 岐阜店:名鉄岐阜駅 徒歩10分
  • 岐阜店2:岐阜駅まで車で10分
  • 各務原店:JR鵜沼駅 徒歩3分
項目詳細
運営会社 信長塾
代表非公開
本社所在地岐阜県岐阜市神田町6-12-5F信長塾

信長塾のバーチャルオフィスを独自採点・評価

信長塾のバーチャルオフィスを独自採点・評価

ここではバーチャルオフィス188店舗を分析した結果を元に、独自採点・評価を行います。

評価基準についてはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

採点結果

※グラフが表示されない場合、1度ページを更新

総合評価 14/25点

岐阜市1,080円コースで採点

※188店舗の平均値はこちら

項目平均点数(5点満点)
初期費用4.0
月額料金3.9
立地4.4
店舗数3.5
郵便サービス4.5
合計16.8
採点基準はコンテンツ制作ポリシーに記載

信長塾のバーチャルオフィスの評価

信長塾のバーチャルオフィスは低い評価となりました。

信長塾の郵便物の転送は、引っ越し時などで利用する郵便局の転居届を利用します。

無料で転送されますが、以下のデメリットがあります。

  • 毎年転居届の手続きの手間が発生
  • 転送不可の郵便物が受け取れない
  • 転送先が同一配達エリアではない場合、転送先までの送料が別途発生

キャッシュカード、税金や保険関係の不書類は転送不要扱いなので、毎回差出人に送付先変更をしてもらう必要があります。

郵便物以外にも宅配物などは、郵便局の転居届だけでは対応できないため、それぞれの宅配業者に転送の連絡をする必要があります。

※一般的なバーチャルオフィスでは、バーチャルオフィスでいったん郵便物を受取り、まとめて自宅などに転送します。

さらに岐阜のバーチャルオフィス3社の平均と比較すると、以下のような結果になりました。

比較項目信長塾岐阜
3社平均
初期費用6,480円~32,400円5,753円
月額料金1,080円~5,400円3,513円
(税込)

岐阜エリアで信長塾のバーチャルオフィスは安い価格帯ですが、郵便物の受取・転送不可ということを踏まえるとお得感は薄いです。

バーチャルオフィスは住所レンタル以外にも、郵便サービスが重要です。

信長塾は郵便局の転居届で対応していますが、転送届の手続きの手間、転送不要郵便の対応など、細かい作業を自分でする必要があります。

信長塾のバーチャルオフィスを他社と比較

信長塾のバーチャルオフィスを他社と比較

今回、信長塾の比較対象としてワンストップビジネスセンターを選びました。

ワンストップビジネスセンターは全国展開しており、郵便物転送費用込みのプランで人気のバーチャルオフィスです。

比較表

項目信長塾ワンストップ
ビジネスセンター
ロゴ信長塾ロゴワンストップビジネスセンター
立地JR岐阜駅
車で10分
JR岐阜駅
徒歩7分
プラン名1,080円コースエコノミープラン
初期費用6,480円10,780円
[無料特典あり]
月額料金1,080円5,280円
[3か月無料特典あり]
住所利用
法人登記
郵便物
受取・保管
不可
※郵便物
転送届で対応
郵便物
転送
不可
※郵便物
転送届で対応
週1回
※1通100gまで無料
郵便物
直接受取
不可
※郵便物
転送届で対応
岐阜店:可能
※店舗による
有人受付なし岐阜店:あり
※店舗による
貸会議室なし
全国の貸会議室の
利用が可能
リンク>公式サイト>分析記事
>公式サイト

サービス面で比較

信長塾とワンストップビジネスセンターは郵便サービス、住所貸会議室で違いがあります。

郵便サービスについて

信長塾に郵便サービスはありません。

自分で郵便局の転居届の手続きや、各宅配業者に転送の連絡をします。

税金や保険関係の納付書、クレジットカードといった転送不要郵便は送り主に戻るため、転送不要郵便物があると毎回送り主に送付先変更してもらう必要があります。

一方のワンストップビジネスセンターは週1回転送サービスが基本プランに付帯しており、急いで転送して欲しい郵便物があれば即時転送依頼をすることも可能です(即時転送は有料)。

郵便物転送費用も1通100g以内の郵便物であれば無料なので、ほとんどの郵便物が無料転送されます。

郵便物到着通知サービスも無料で、郵便サービスの満足度が高いバーチャルオフィスです。

100gの郵便物

住所について

今回、信長塾の1,080円コースのバーチャルオフィスで比較していますが、駅から車で10分、岐阜市野一色という商業エリア外の住所です。

岐阜であれば、やはり岐阜駅周辺が住所としては魅力的です。

信長塾は駅から徒歩12分の場所にも店舗がありますが、岐阜市寿町1丁目となるとオフィス街からは外れています。

ワンストップビジネスセンターはJR岐阜駅から徒歩7分の、オフィスビルの一室です。

住所で選ぶなら、ワンストップビジネスセンター岐阜店のほうが魅力を感じる人が多いでしょう。

貸会議室で比較

信長塾には貸会議室がありません。

ワンストップビジネスセンター契約者は、全国各地にある約50の貸会議室を利用できます(有料)。

バーチャルオフィスは実態がない分、不信感を持たれないように会社住所で打ち合わせできる環境があった方が良いです。

  • 毎回貸会議室を探して登録・支払いをしなくても良い
  • 名刺に書いた住所で打ち合わせができると不信感を持たれにくい
  • 取引先からすれば事務所と変わらない印象

毎回貸会議室を探すとなると、料金を比較して空きを確認し、会員登録やクレジットなど支払いの手間がかかります。

一方で借りたバーチャルオフィスに貸会議室があれば、空いた時間だけチェックして、あとは取引先には名刺の会社住所まで来てもらうだけです。

取引先に対しては、会社住所に打ち合わせスペースがあることで、バーチャルオフィスではなく事務所に訪問するのと変わらない印象を与えることができます。

信長塾とワンストップビジネスセンター、どちらを選ぶべき?

ワンストップビジネスセンターがおすすめです。

信長塾は、郵便物転送可能とは言え、転送届を自分で手続きする、転送不要郵便が受け取れないといった点で手間がかかります。

ワンストップビジネスセンターはバーチャルオフィス利用者向けのサービスが充実しているだけでなく、全国展開している大手です。

当サイト限定特典もあるので、ぜひ活用してください。

\ 初期費用0円、3か月無料特典あり /

/ 特典利用はこちらの記事から \

ワンストップビジネスセンター岐阜店≫口コミ・評判とプラン内容 ワンストップビジネスセンター岐阜店≫口コミ・評判とプラン内容

信長塾のバーチャルオフィスまとめ

信長塾のバーチャルオフィスまとめ

信長塾のバーチャルオフィスは、郵便受取・転送サービスがないことが分かりました。

郵便局の転居届を出して対応することになるのですが、手間がかかります。

料金は月額1,000円台~となっており確かに安いのですが、サービスがその分手薄です。

岐阜のバーチャルオフィスを知りたい方は、岐阜のバーチャルオフィスまとめ記事をチェックしてみましょう。

≫岐阜のバーチャルオフィスまとめ記事