【入会金0円、月660円⁉】GMOオフィスサポートとは?

クラシックカー(旧車)を盗難から守るならレンタルガレージがおすすめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

クラシックカー(旧車)は年月が経つごとに価値が上がり、盗難グループのターゲットとなりやすい車です。

構造が単純なので解体しやすく、パーツ単体でも売れるため、盗まれると綺麗な状態で戻ってくることはまずないそうです。

これらの理由から、盗難対策には多くのクラシックカー愛好家が頭を悩ませています。

盗難対策としてGPS発信器を搭載する、タイヤロックを設置するなど様々な対策方法がありますが、車に接触することができれば売れそうなパーツだけ取り外されてしまうかもしれません。

そこで、クラシックカーを盗難から守る方法として「レンタルガレージ」の利用があります。

この記事では、レンタルガレージを利用するメリットを紹介してきます。

クラシックカー(旧車)の盗難リスクとは?

クラシックカーは希少性が高く、最近の車よりも構造が単純なため盗難グループのターゲットにされやすいです。

高く売れるクラシックカーを盗むために、盗難グループは徹底的にリサーチします。

ワイパーに名刺を挟んでどれくらいの使用頻度か確認したり、どんな盗難対策をしているかを研究しています。

クラシックカーはセキュリティが甘く、盗みやすい

クラシックカーは、最近の車と比べてセキュリティ面で弱いです。

自分でGPS発信器を搭載したり、振動を察知して音が鳴る装備をする必要があります。

これらの装備を万全にしていても、窃盗グループは隙を狙い続け、あっという間に盗まれてしまうようです。

クラシックカーは最近の電子部品が多い車と比べて解体が簡単

クラシックカーの構造は最近の車と比較して簡単なため、窃盗グループからすれば解体がしやすいです。

車を丸ごと盗難されるリスクが高いのはもちろん、解体して売れそうなパーツだけ盗まれる可能性もあります。

日本のクラシックカーは海外で高く売れる

日本のクラシックカーは海外で人気があり、生産終了となった希少性から高く売ることができます。

効率よく儲けるために、高く売れる日本のクラシックカーに狙いを定めます。

クラシックカーのイベントで車のオーナーに近づき、自宅を特定して後日盗むというパターンもあるようです。

レンタルガレージがクラシックカー(旧車)盗難対策に有効な理由

レンタルガレージは盗難防止に有効なことは分かりやすいかと思いますが、特にレンタルガレージにはおすすめしたい対策方法です。

車に接触させない

レンタルガレージは、鍵付きのシャッターで車を盗難から守ります。

車そのものに接触できないので、「パーツだけでも解体して盗む」ということも困難になります。

まずはシャッターの鍵を壊してこじ開ける作業は、盗難のハードルを上げます。

24時間監視カメラなど、盗難のハードルが高い

最近のレンタルガレージには、監視カメラが付いているものが多いです。

こっそり撮影というより、監視していることが分かるように設置されています。

また、自動で照明が点灯するものもあり、窃盗グループが夜間に作業しにくい状態にすることができます。

クラシックカーが目に触れないようにできる

クラシックカーの盗難対策として、カバーでどんな車が停車しているか分からなくするという方法があります。

この方法の場合、毎回カバーをかける手間や、カバーの中に潜り込まれると気づくことができないというデメリットがあります。

レンタルガレージであれば、車を停めてシャッターを閉めてしまえば外部の目に車がさらされることはありません。

レンタルガレージを利用するメリット

レンタルガレージは盗難対策になるだけでなく、紫外線や雨・ほこりからも車体を保護することができます。

最近は突然雹(ひょう)が降ったり、台風でなくても暴風雨で物が飛ぶこともあります。

洗車の手間や、細かな傷から車を守るためにもレンタルガレージはおすすめです。

クラシックカー(旧車)の盗難対策ならレンタルガレージがおすすめ

クラシックカーの盗難対策は、多くの愛好家の方にとって重要な課題です。

自宅や青空駐車場の保管では盗難や劣化のリスクがあるため、レンタルガレージの活用がおすすめです。

専門の盗難対策とセキュリティ体制で愛車を保護し、適切な環境でクラシックカーの価値を守るためにも、1度レンタルガレージの利用を検討してみてはいかがでしょうか。