【入会金0円、月660円⁉】GMOオフィスサポートとは?

名刺の住所で困る個人事業主・フリーランスの解決策

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

名刺の住所で困る個人事業主・フリーランスの解決策

個人事業主やフリーランスの方にとって、「名刺に住所を記載する」というのはよくある悩みだと思います。

載せたほうが良い気がしていても、自宅以外に使える住所がないと困ります。

そこで、今回は名刺に住所を記載するメリット・デメリットを独自アンケート調査結果を元に紹介します。

やっち
やっち

「名刺に住所を記載したい」という方向けのおすすめなサービスも紹介します。

ふきだし 普通

宅建士、不動産ライター

やっち

感覚ではなく200社以上のデータを元にバーチャルオフィスを分析。
不動産大家業、リフォーム業、管理業、仲介業を経験し、様々な角度からバーチャルオフィスを比較検証。
マニアックな分析結果を分かりやすく伝えることを心がけています。

※最新の情報は必ず公式サイトで確認をお願いします
※全て税込表記です

そもそも名刺は必要なのか

そもそも名刺は必要なのか

まずは、個人事業主やフリーランスはそもそも名刺が必要なのか調査しました。

相手が名刺を持っていない又は作っていない場合の印象は?

61%の人は何も思わないものの、35%の人はマイナスな印象を持つことが分かります。

マイナスな印象の人が3割しかいないなら名刺は不要と捉えるか、3割もいるなら名刺は持つべきと捉えるかは個人の判断になります。

やっち
やっち

個人的には、名刺を作って渡すだけでマイナスな印象を与える原因が減るのであれば、名刺を用意する価値はあると感じました。

個人事業主やフリーランスなら名刺は不要?

ここでは、もう少し深堀りして「個人事業主やフリーランスなら名刺がなくても良いか」という点について調査しました。

結果、「名刺は持っていたほうが良い」という結論になりました。

取引相手で名刺を持っていなくても仕方ないと感じるのはどんな人?

  1. 全員持っていてほしい
  2. 個人事業主やフリーランス
  3. 営業や役職者以外の事務員やパート
  4. 名刺の有無は気にしない

②の結果から、74%の人は個人事業主やフリーランスでも名刺を持っていてほしいと感じることが分かりました。

名刺を持っていないことが多い事務員やパートなら46%の人は「名刺がなくても仕方ない」と感じる一方、個人事業主やフリーランスではわずか26%となりました。

やっち
やっち

「事業の責任者の名刺はもらっておきたい」という考えも1つの要因と考えられます。

名刺に住所を記載するメリット・デメリット

名刺に住所を記載するメリット・デメリット

ここでは、名刺に住所を記載するメリット・デメリットを紹介します。

アンケート結果も盛り込んだ内容になっています。

デメリット

  • 自宅の住所を記載すると、不特定多数の人に個人情報を伝えることになる

名刺に住所を記載するデメリットは「自宅住所を不特定多数の人に公開することになる」という点です。

自宅以外の仕事用の住所、例えば事務所を借りている人であれば迷わず住所を記載していると思います。

やっち
やっち

記事の後半で、自宅以外の仕事用の住所を手に入れる方法を紹介しています。

メリット

  • 名刺交換でマイナスな印象を持たれにくい
  • その後の仕事のやりとりが円滑

名刺交換でマイナスな印象を持たれにくい

名刺に住所を記載することで、マイナスな印象を持たれる確率を下げることが可能です。

こちらが、名刺に記載された内容が与える印象についての調査結果です。

名刺をみて「マイナスな印象」を感じるパターンを教えてください

  1. 住所・電話番号の記載がない
  2. 住所の記載がない(名前・メアド・電話番号あり
  3. 電話番号の記載がない(名前・メアド・住所あり
  4. 名刺には名前とメールアドレスの記載があれば十分

「住所も電話番号もない」となると、①の結果から39%の人はマイナスな印象を持つことが分かりました。

そこで住所を記載するだけで、39%から6%にまで人数は減ります。

やっち
やっち

名刺に住所を記載するだけでマイナスな印象を持たれる確率を下げることが可能です。

その後の仕事のやりとりが円滑

名刺に住所を記載する意外なメリットが、「仕事が円滑に進む」という点です。

名刺には通常、名前、電話番号、住所、メールアドレスを記載すると思います。

この4つの情報のうち、どれか1つ以上欠けていると相手を困らせる可能性があります。

こちらがその根拠となるアンケート結果です。

今まで相手の名刺の情報が不足していて困った経験がありますか?

このアンケート結果で、32%の人は困った経験があると回答しました。

やっち
やっち

取引先のことを考えると、できれば名刺の情報は充実させておきたいところです。

名刺の住所で困ったらバーチャルオフィスがおすすめ

名刺の住所で困ったらバーチャルオフィスがおすすめ

ここまでアンケート結果を元に、名刺に住所を記載すべきかどうかを紹介してきました。

住所を名刺に記載するメリット

  • 名刺交換という初対面のタイミングでマイナスな印象を与えにくくなる
  • その後の仕事でも迷惑をかける可能性が低くなる

上記のメリットがあるとはいえ、自宅住所を名刺に記載することに抵抗がある方はいらっしゃると思います。

そこでおすすめなのがバーチャルオフィスです。

良く知られている仕事用の住所を手に入れる方法には、事務所契約やレンタルオフィスを借りるといったものがあると思います。

これらはコストがかかり、「住所だけ欲しい人」にとっては割高なサービスです。

やっち
やっち

そこでおすすめしたいのが「住所だけ借りられる」バーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスなら、月額2000円あれば住所を借りることが可能です。

個人事業主が自宅以外の住所を手に入れる方法とメリット」がテーマの記事で詳しく解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

個人事業主必見!自宅以外の住所を手に入れる方法とメリット 個人事業主必見!自宅以外の住所を手に入れる方法とメリット