【GMOオフィスサポートI】期間限定、6か月無料!

千葉(松戸エリア)のバーチャルオフィス【デジラボ】|評判、プラン内容、メリットを紹介

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

デジラボのバーチャルオフィスについてこんな疑問はありませんか?

  • プラン内容を知りたい
  • メリット・デメリットを知りたい
  • 他社と比較しながら検討したい

この記事ではバーチャルオフィスを100社以上分析した知識を元に、デジラボの魅力や他社との違いを比較しながら紹介していきます。

ふきだし 普通

著者:やっち
バーチャルオフィスを調査し始めたら面白くなり、気づけば200社以上を分析。

300時間以上かけて分析してきた知識と経験を元にバーチャルオフィスを紹介。

※最新の情報は必ず公式サイトで確認をお願いします
※全て税込表記です

東京の格安バーチャルオフィス情報

東京の格安バーチャルオフィスが知りたい方は、まとめ記事をチェックしてみましょう。
仲介業者目線で100社以上チェックし、厳選したバーチャルオフィスを比較することができます。

基本料金で充実のサービス

貸会議室利用料が安い!

デジラボの基本情報

会社情報、プラン情報

まずはデジラボの基本情報やプランを紹介します。
自分が利用したいサービスがあるか、どんな運営会社か確認しましょう。

デジラボの概要

サービス内容料金(税込)
初期費用2,200円
[icon name=”check” style=”color:royalblue;”]
最安プラン
2,220円/月
※年払い
[icon name=”building” style=”color:royalblue;”]
法人登記
全プランで可
[icon name=”flag” style=”color:royalblue;”]
利用用途
法人向き

[icon name=”street-view” style=”color:royalblue;”]
店舗数
1か所
千葉県松戸市
[icon name=”paper-plane” style=”color:royalblue;”]
郵便物受取
全プランで可
[icon name=”comment” style=”color:royalblue;”]
郵便者到着連絡
無料LINEで画像付きで通知

[icon name=”file-export” style=”color:royalblue;”]
郵便転送
従量制
[icon name=”phone” style=”color:royalblue;”]
電話転送
※047番号
オプション
月額3,300円
[icon name=”phone” style=”color:royalblue;”][icon name=”share” style=”color:royalblue;”]
電話発着信
※047番号
オプション
月額3,300円
[icon name=”table” style=”color:royalblue;”]
会議室
あり300円/時~
[icon name=”user” style=”color:royalblue;”]
有人受付
あり
[icon name=”user” style=”color:royalblue;”]
FAX
ありオプション
月額2,970円

プラン

料金(税込)半年払いコース年払いコース
初期費用2,200円2,200円
月額月額換算で2,750円
※支払額16,500円
月額換算で2,220円
※支払額26,400円
住所使用
法人登記
郵便物受取・転送
有人受付

プランについて分析

デジラボのプランは1つで、支払い方法で料金が変わります。
年払いなら2,220円とお得に利用することができます。

やっち
やっち

月額2,220円で法人登記と郵便物転送がついているのでお得です。
普通郵便なら手数料と送料あわせて260円からと、安い料金設定です。

オプション

貸会議室利用300円/時~
ロッカー利用月額2,200円~
047回線貸出し月額3,300円

運営会社情報

詳細
運営会社株式会社Tree Frog
設立2014年
事業内容中古携帯電話の買い取り
コワーキングスペース運営
バーチャルオフィス運営

店舗情報

詳細
住所千葉県松戸市本町17-11 芹澤ビル6F
最寄り駅松戸駅 徒歩3分

契約情報

詳細
初期費用2,200円
契約期間6か月~
支払方法現金、クレジットカード
解約eメールまたは書面で
契約満了の15日以上前に契約店舗にメール又はFAXで連絡
やっち
やっち

概要から自分の求めるサービスがあるか分かりましたか?
ここからはデジラボを利用するメリット・デメリットを紹介します。

デジラボのメリット・デメリット

メリット・デメリット

ここではデジラボのメリット・デメリットを紹介します。
他社との違いも分かるようになっています。

デメリット

単月契約ができない

デジラボのバーチャルオフィスは必要なサービスがそろっており、強いてデメリットを上げるなら単月契約ができないという点です。
バーチャルオフィスが初めてという人の場合、いきなり半年以上の契約をすることに抵抗を感じるかもしれません。
また、バーチャルオフィスでは長期契約した際に途中で解約しても、使っていない期間の料金は返金されません。
(どのバーチャルオフィスでも共通しています)

まずは1か月契約して様子を見たい人という人には、1か月から利用できるMETS OFFICEがおすすめです。
法人登記可能なプランが1か月2,970円~利用できます。

デジラボがおすすめできない人

先ほど紹介したデメリットをふまえて、デジラボがおすすめできないのは「お試しでバーチャルオフィスを使ってみたい」という人です。

パターンとしては、事務所を借りたほうがいいのか、バーチャルオフィスでも運営していけるのか迷っているなら、単月契約できるバーチャルオフィスを選んだ方がいいかもしれません。

やっち
やっち

デジラボは単月契約はできませんが、初期費用が安く、2,200円となっています。
他社では5,000円以上かかることも多く、特にコワーキングスペースがあると1万円以上というパターンもあります。

メリット

貸会議室利用料金が安い

デジラボの貸会議室利用料金は安いです。
1時間300円からの利用が可能です。
バーチャルオフィスの貸会議室利用料金の相場が1,100円/時ということをふまえると、デジラボの料金の安さがお分かりいただけると思います。

利用時間料金(税込)
1時間300円
2時間500円
3時間700円
4時間900円
1日利用1,300円
キッズ利用小学生以下無料
※保護者同伴
やっち
やっち

貸会議室を利用する予定があるならデジラボはおすすめです。
他社の方が月額料金が安くても、「貸会議室利用料金もあわせたらデジラボのほうが安い」というパターンもあります

郵便物は依頼したら転送してもらえる

デジラボでは、届いた郵便物の定期転送がありません。
依頼したら転送というパターンです。

この郵便物転送方法は珍しく、週1回などの定期転送というのが一般的なパターンです。
この「依頼したら転送」がおすすめな人はこちら。

  1. 郵便物がほとんど届かない人
  2. たまに請求書など重要な書類が届く

郵便物がほとんど届かない、でもたまに重要な書類や返品物が届くなら、デジラボのような転送が指示できるプランがおすすめです。

郵便物関係の料金の比較

デジラボ

  • 転送頻度:依頼があれば転送
  • 料金:発送方法により260円〜450円
    ※宅配荷物等は異なります

他社

  • 転送頻度:月1回、週1回など
  • 料金:手数料200円~+送料
  • 都度転送:手数料400円~1,000円+送料

他社では、郵便物転送頻度が「週1回、月1回」といった設定になっています。
指示なしで転送してもらえるのは便利なのですが、「この書類は今すぐに転送してほしい」という場合は、都度転送サービスを利用することになります。
この都度転送は通常、高い手数料がかかります。
400円~1,000円/回というパターンが多く、郵便物に高いお金を払うことになります。

やっち
やっち

バーチャルオフィス運営面から言えば、定期転送の方が郵便物の管理が楽です。
定期転送の日に人を集めて一気に作業することが可能といったメリットがあるからです。
デジラボでは、手間がかかっても契約者に合わせた郵便物転送サービスを提供しています

基本料金で充実のサービス

貸会議室利用料が安い!

デジラボと比対象となる他社

比較すべき他社

ここでは、デジラボと比較対象となるバーチャルオフィスを紹介します。
調べた結果、METS OFFICEがデジラボと比較対象となることが分かりました。

やっち
やっち

METS OFFICEには、法人登記・郵便物受取不可の住所だけ月額270円というプランがありますが、今回は法人登記ができるプランで比較しました。

サービス内容料金(税込)
デジラボMETS-OFFICE
初期費用2,200円入会金3,300円
事務手数料550円
[icon name=”check” style=”color:royalblue;”]
最安プラン
2,220円/月
※年払い
1,430円/月
※年払い
[icon name=”building” style=”color:royalblue;”]
法人登記
全プランで可1,430円以上の
プランで可
[icon name=”flag” style=”color:royalblue;”]
利用用途
法人向き法人・個人向き

[icon name=”street-view” style=”color:royalblue;”]
店舗数
1か所
千葉県松戸市
5か所新宿3丁目/日本橋/
新宿御苑/赤羽
[icon name=”paper-plane” style=”color:royalblue;”]
郵便物受取
全プランで可1,100円~のプランで可能
[icon name=”comment” style=”color:royalblue;”]
郵便者到着連絡
無料LINEで画像付きで通知無料メール通知

[icon name=”file-export” style=”color:royalblue;”]
郵便転送
※従量制
※都度転送
1,100円~の
プランで可能
※従量制
※月1回~
[icon name=”phone” style=”color:royalblue;”]
電話転送
※047番号
オプション
月額3,300円
オプション
月額2200円
[icon name=”phone” style=”color:royalblue;”][icon name=”share” style=”color:royalblue;”]
電話発着信
オプション
月額3,300円

オプション
月額980円
[icon name=”table” style=”color:royalblue;”]
会議室
あり300円/時~あり1,100円~
※拠点により料金異なる
[icon name=”user” style=”color:royalblue;”]
有人受付
あり一部拠点あり※受付社名表示
サービスあり
[icon name=”user” style=”color:royalblue;”]
FAX
ありオプション
月額2,970円
ありオプション
+1,080円/月
リンク>公式サイト>比較記事
>公式サイト
比較結果

デジラボとMETS OFFICEの大きな違いは、郵便物転送方法と貸会議室利用料金でした。

郵便物転送方法について

月1回の郵便物転送であればMETS OFFICEが安くなりますが、月2回以上の場合はデジラボの方が安くなるケースがあります。

月に2回郵便物を転送した場合で比較した結果がこちら。

  • デジラボ:2,740円~3,120円
  • METS OFFICE:2,460円~3,270円

貸会議室利用料金について

貸会議室利用料金は、デジラボが圧倒的に安いです。

  • デジラボ:300円/時~
  • METS OFFICE:1,100円/時~
やっち
やっち

千葉県のバーチャルオフィスを探していて、貸会議室も利用したいならデジラボがおすすめです。

デジラボの評判

評判・口コミ

デジラボの口コミをGoogleマップで確認してみました。

評価は、驚異の星5中の4.4でした。

Aさん
Aさん

たまーに利用しています。 ここはビル自体は古いですが室内やトイレもキレイで、設備も文句なしで作業に没頭できます。 もちろんオンライン会議などある程度周りに気を使う必要はありますが、ここは多少の音には寛容な雰囲気ですのである意味ピリピリせずに安心して過ごせます。

Googlemap口コミより

Bさん
Bさん

予約して利用させていただきましたが作業がはかどりました。 ボードゲームや漫画も置いてあり休憩にも使えます。 またフリードリンクでコーヒーやお茶だけでなくコンソメスープがあるのも嬉しかったです。

Googlemap口コミより

Cさん
Cさん

ミーティングルームは講習会やセッションに便利。建物は古いけど、明るい店内とカフェ風ミュージックでおしゃれな空間。混雑しているカフェより落ち着きます。

Googlemap口コミより

総評

全体的に良い口コミが多くみられました。
悪い口コミの内容は、デジラボに対してというよりは他の利用者のマナー面への指摘事項でした。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスの説明画像が表示されています。

ここで簡単にバーチャルオフィスについて紹介します。

すでにメリットなどを把握している方は次へ進みましょう。

バーチャルオフィスは部屋を使わず住所だけ借りる

バーチャルオフィスは、自分専用の部屋を借りず「住所だけ」をレンタルする新しい形態のオフィスです。

さらに、借りた住所に届いた郵便物を転送するサービスや、「事務所を借りないと手に入らない」イメージのある固定電話番号が取得できるオフィスもあります。

大きく3つに分かれる

バーチャルオフィスは3つに分類することができます。
利用しないサービスにまでお金を払うことがないよう、自分が①~③のどのタイプのバーチャルオフィスで探すべきかハッキリさせましょう。

  1. 住所レンタルに特化
  2. 法人向け
  3. 貸し会議室が充実

住所レンタルに特化

主にネット販売者など、「プライバシー保護向け」のバーチャルオフィス。

相場は500円~1,000円。

ネット販売者にはよく利用されるが「返品物は一切受け取らない、転送しない」バーチャルオフィスもあるので注意。

法人向け

法人登記ができたり、電話転送や貸会議室がある。

相場は1,000円~10,000円と幅広い。

受付システムが設置されていたり、有人受付や社名プレートが設置できるなど、取引先の訪問なども考えると、このタイプのバーチャルオフィスがおすすめ。

会議室が充実

レンタル会議室やシェアオフィスを運営している会社だと会議室が充実。

相場は3,000円~。

ただ、基本的にレンタル会議室利用時に郵便物は受け取れるため、バーチャルオフィス利用者が郵便物関係のサービスを利用するにはサービスが手薄だったり、料金が高い。

バーチャルオフィスを利用すべき人

バーチャルオフィスは馴染みのないものかもしれませんが「利用すべき理由がある」という人がいます。

ネット販売者

特定商取引法で販売者は住所を公開しなければなりません。
自宅住所所を公開すると以下のようなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

  • 悪徳業者がその住所をリストに加えて犯罪利用される
  • Googleマップで単身暮らしが分かってしまう

こういった危険にさらされるため、できるだけバーチャルオフィスを利用することをおすすめします。

法人登記用の住所が欲しい

最近は副業する人が増え、自分の事業を持つ人も増えてきました。

  • 一等地の住所で法人を作りたい
  • 作業は自宅で完結するが、賃貸で法人登記ができない

そんな時に、わざわざ事務所を借りることはおすすめしません。
高い初期費用に改装費、デスクやFAXなどの備品…

バーチャルオフィスを知った上で、事務所を借りるコストを考えると、高すぎます。

自宅で仕事が完結する、たまに打合せがあるなど、「絶対にオフィスで仕事しなければならない」理由がないなら、バーチャルオフィスをおすすめします。

よくある疑問・質問

答え:違法ではない
バーチャルオフィスでの法人登記は認められており、すでに多くの人が登記しています。

答え:受付で対応又は受付システムがある
バーチャルオフィスによっては有人受付や受付システムを導入しています。デジラボでは有人受付があります。

答え:ない場合もある
バーチャルオフィスで会議室利用も考えているなら、会議室の部屋数や予約方法もチェックしましょう。
デジラボでは300円/時で利用できます。

答え:使えます
個人情報を保護するためにも、バーチャルオフィスを利用することをおすすめします。

答え:できます
多くの人が開設していますが、バーチャルオフィスNGな銀行ではそもそも開設不可という場合もあります。どこなら開設できるか、バーチャルオフィス会社に問い合わせると教えてもらえます。

答え:転送してくれます
超格安プランだと郵便物の受取・転送不可の場合もありますが、どのオフィスでもプランを選べば転送してもらえます。デジラボでは指示をすれば転送してもらえます。

まとめ

まとめ

デジラボは、月額2,220円という格安料金でバーチャルオフィスの基本的な機能が使えます。

  • 住所使用
  • 郵便物受取・転送
  • 法人登記
  • 貸会議室の利用(課金制)

特に、貸会議室は1時間300円~という超格安料金。
バーチャルオフィスの貸会議室利用料金の相場が1,100円/時ということをふまえると、デジラボは打ち合わせや会議が定期的にある方にはかなりお得な料金設定です。

千葉県でバーチャルオフィをお探しの方には1番おすすめできるオフィスです。

基本料金で充実のサービス

貸会議室利用料が安い!

東京の格安バーチャルオフィス情報

東京の格安バーチャルオフィスが知りたい方は、まとめ記事をチェックしてみましょう。
仲介業者目線で100社以上チェックし、厳選したバーチャルオフィスを比較することができます。