入会金0円・月660円~、コスパ最強。≫分析記事≪

SECONDSTAGE(セカンドステージ)のバーチャルオフィス≫プラン・サービス内容と独自採点結果

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

SECONDSTAGE(セカンドステージ)のバーチャルオフィス≫プラン・サービス内容と独自採点結果

SECONDSTAGE(セカンドステージ)には住所だけを借りることができるバーチャルオフィスプランがあります。

この記事ではセカンドステージの基本情報に加えて、当サイト独自採点による評価、他社との比較を行いました。

やっち
やっち

バーチャルオフィスに絞って調査しました。

ふきだし 普通

著者:やっち
バーチャルオフィスを調査し始めたら面白くなり、気づけば200社以上を分析。

300時間以上かけて分析してきた知識と経験を元にバーチャルオフィスを紹介。

※最新の情報は必ず公式サイトで確認をお願いします
※全て税込表記です

セカンドステージ公式サイト

SECONDSTAGE(セカンドステージ)の基本情報

SECONDSTAGの基本情報
項目バーチャル
オフィス
バーチャル
パック
初期費用0円0円
月額料金10,450円16,500円
住所利用
法人登記
郵便物
受取・保管
郵便物
受取・転送

※送料別途
022発番提供
※初期事務手数料
5,500円
社名提出
貸ロッカー
貸会議室
  • 借りられる住所: 宮城県仙台市青葉区本町一丁目
     ※※正式な会員用レンタル住所は契約後開示
  • アクセス:仙台駅徒歩10分
項目詳細
運営会社株式会社 豊
設立平成25年11月11日
会社所在地宮城県仙台市青葉区本町一丁目 12-12 GMビルディング3階
資本金535万円
事業内容・レンタルオフィス事業
・ビジネス支援事業
・コロナ融資支援
・IT補助金
・記帳代行
・外国人特定技能
・各種セミナー開催

SECONDSTAGE(セカンドステージ)のバーチャルオフィスを独自採点・評価

SECONDSTAGEのバーチャルオフィスを独自採点・評価

ここではバーチャルオフィス188店舗を分析した結果を元に、独自採点・評価を行います。

評価基準についてはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

採点結果

※グラフが表示されない場合、1度ページを更新

総合評価 13/25点

second-stage-logo

バーチャルオフィスプランで採点

※188店舗の平均値はこちら

項目平均点数(5点満点)
初期費用4.0
月額料金3.9
立地4.4
店舗数3.5
郵便サービス4.5
合計16.8
採点基準はコンテンツ制作ポリシーに記載

SECONDSTAGE(セカンドステージ)のバーチャルオフィスの評価

セカンドステージは月額料金と郵便サービス面で低い点数となりました。

月額料金について

セカンドステージは最も安いプランで10,450円ですが、仙台エリアでは高価格帯です。

こちらが仙台のバーチャルオフィス9社の平均とセカンドステージを比較した表です。

比較項目セカンド
ステージ
仙台9社の
平均
初期費用0円8,347円
月額料金10,450円~5,328円

初期費用0円という点では素晴らしいのですが、月額料金は倍以上します。

郵便サービスについて

セカンドステージでは、郵便物を自宅まで転送してもらうには月額16,500円のプラン契約が必要になります。

022で始まる電話番号レンタルや貸ロッカーもプランに含まれるため、これらのサービスを利用しない人にとっては「使わないサービスにお金を払う」という考え方もできます。

SECONDSTAGE(セカンドステージ)のバーチャルオフィスを他社と比較

SECONDSTAGEバーチャルオフィスを他社と比較

セカンドステージは全プランで法人登記が可能・貸会議室が付帯していることから、法人向きバーチャルオフィスに分類されます。

今回は仙台エリアのおすすめ法人向きバーチャルオフィスであるワンストップビジネスセンターを比較対象としました。

比較表

項目セカンドステージワンストップ
ビジネスセンター
ロゴsecond-stage-logoワンストップビジネスセンター
立地仙台駅徒歩10分仙台駅徒歩5分
プラン名バーチャルオフィスエコノミープラン
初期費用0円10,780円
月額料金10,450円5,280円
住所利用
法人登記
郵便物
受取・保管
郵便物
受取・転送
不可
※1通100gまで無料
貸会議室

サービス面で比較

セカンドステージとワンストップビジネスセンターのサービス面を比較すると、郵便サービスで違いがあります。

セカンドステージの「バーチャルオフィスプラン」では、郵便物の転送不可となっています。

店舗まで郵便物を取りに行けない方は、プランアップして月額16,500円の「「バーチャルパックプラン」を利用することになります。

一方のワンストップビジネスセンターは郵便物転送も基本プランで可能で、1通100gまでの郵便物は無料転送されます。

100gとなるとA4用紙が23枚は送れる量なので、ほとんどの郵便物が無料で転送されます。

100gの郵便物

料金面で比較

料金面で比較すると、セカンドステージは初期費用が0円という点は素晴らしいのですが、月額料金がワンストップビジネスセンターの倍近くかかります。

ワンストップビジネスセンターはセカンドステージの半分ほどの金額で、郵便物の転送もしてもらえます。

1度しか払わない初期費用よりも月額料金を重視すると、ワンストップビジネスセンターがおすすめです。

セカンドステージとワンストップビジネスセンター、どちらを選ぶべき?

料金とサービス内容どちらを比較してもワンストップビジネスセンターがおすすめです。

ワンストップビジネスセンターと同等のサービス内容となると、セカンドステージの月額16,500円のバーチャルパックを利用しなければいけません。

セカンドステージで借りられる住所や貸会議室に魅力を感じるのであれば、セカンドステージを選んでも良いかと思います。

\ 初期費用0円、3か月無料特典あり /

/ 特典利用方法はこちらの記事 \

ワンストップビジネスセンター仙台店のプラン、サービスを紹介 ワンストップビジネスセンター仙台店の口コミ・評判とプラン、サービスを紹介

SECONDSTAGE(セカンドステージ)のバーチャルオフィスまとめ

SECONDSTAGEバーチャルオフィスまとめ

セカンドステージはどちらかといえば高価格帯のバーチャルオフィスでした。

安いプランでも月額料金が1万円を超えており、郵便物転送サービスを利用するにはさらに高い月額16,500円のプランを選択する必要があります。

今回はワンストップビジネスセンターを比較対象として紹介しましたが、仙台にはバーチャルオフィスがまだまだあります。

ぜひ仙台市のバーチャルオフィスまとめ記事を活用してください。

> 仙台市のバーチャルオフィスまとめ記事