【入会金0円、月660円⁉】GMOオフィスサポートとは?

バーチャルオフィスで法人登記する違法性、注意点≫おすすめな3社を紹介

バーチャルオフィスで法人登記は違法なのか

バーチャルオフィスで借りた住所を使って法人登記ができることを知ったものの、違法性が気になる方は多いです。

さらにこんな心配はありませんか?

  • 法人開設ができない
  • 融資が受けにくい
  • バーチャルオフィスとバレてマイナスな印象を持たれる

結論から言えば、バーチャルオフィスでの法人登記は違法ではなく、法人口座開設や融資を受けている人はたくさんいます。

コロナ禍バーチャルオフィス利用者が一気に増えたことで認知度が上がり、マイナスな印象を持つ人も少なくなってきています。

この記事ではバーチャルオフィスで法人登記する際の違法性、法人口座開設、融資について解説します。

やっち
やっち
ふきだし 普通

宅建士、不動産ライター

やっち

感覚ではなく200社以上のデータを元にバーチャルオフィスを分析。
不動産大家業、リフォーム業、管理業、仲介業を経験し、様々な角度からバーチャルオフィスを比較検証。
マニアックな分析結果を分かりやすく伝えることを心がけています。

※最新の情報は必ず公式サイトで確認をお願いします
※全て税込表記です

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは、住所だけをレンタルすることができる新しい事務所契約の1つです。

レンタルオフィスやシェアオフィスとは違い、自由に使える部屋(スペース)はありません。

ここでは簡単にバーチャルオフィスについて紹介します。

バーチャルオフィスを簡単に説明

バーチャルオフィスは「住所だけを借りる」サービスです。

こちらがバーチャルオフィスについて解説したイラストです。

バーチャルオフィスの説明画像が表示されています。

まずバーチャルオフィス運営会社が貸事務所を契約します。

運営会社は、借りた事務所の住所だけを希望者に貸し出します。

住所を複数人でシェアすることで、一等地の住所を格安料金で利用する事ができます。

バーチャルオフィスでできること

バーチャルオフィスのメインは「住所を借りる」ことですが、これ以外にも様々なサービスがあります。

  • 法人登記の会社所在地として使う
  • ネットショップ販売者の欄に記載
  • 名刺やHPに記載
  • 電話番号を借りる
  • 貸会議室を借りる

バーチャルオフィス各社ごとに提供しているサービスが異なるため、自分がどんなサービスを利用したいのか決めておく必要があります。

バーチャルオフィスで登記するのは違法?

バーチャルオフィスは利用しても違法性はないのか?

バーチャルオフィスで借りた住所を使って法人登記することに不安な方は多いです。

結論から言えば違法性はありません。

ここではバーチャルオフィスで法人登記する際に関わる法律3つと、各法律に違反していない理由を紹介します。

特定商取引法とバーチャルオフィス

特定商取引法とは、ネットショップを運営する際に関わってくる法律です。

最近ではネットショップ販売者の方がバーチャルオフィスを利用する事が増えてきています。

特定商取引法は消費者トラブルが生じやすい特定の取引きに対して、消費者の利益を守るためのルールを定めている法律です。

以下の取引が対象になります。

  1. 訪問販売
  2. 通信販売
  3. 電話勧誘販売
  4. 連鎖販売取引
  5. 特定継続的役務提供
  6. 業務提供誘引販売取引
  7. 訪問購入

7つの取引のうち、ネットショップ運営者は2.通信販売に該当します。

特定商取引法によると、通信販売を行う事業者の氏名(名称)、住所、電話番号は公開しなくてはなりません。

特定商取引法とバーチャルオフィスの関係

特定商取引法によって通信販売(ネットショップ)を行う事業者の氏名(名称)、住所、電話番号は公開しなくてはなりませんが、「自宅住所を公開したくない」という人は多いです。

実際、以下のトラブルが考えられます。

  • グーグルマップで建物外観が分かり、単身暮らし等の個人情報がバレる
  • 悪徳業者が住所・名前を集めて名簿を作り悪用
  • クレーマーに訪問される

そこで住所だけを格安でレンタルできるバーチャルオフィスの利便性が活かされるのですが、「実体のないバーチャルオフィスの情報を使っても大丈夫なのか?」という疑問、心配が出てきます。

ネットショップでバーチャルオフィスの住所を使う違法性

ネットショップの販売者住所にバーチャルオフィスを使っても問題ありません。

バーチャルオフィスの中でもNAWABARIがネットショップ向けに格安サービスを提供しており、そのサービス内容は消費者庁に認められています。

当サービスは、消費者庁に照会し、書面にて正当性を認めた回答を得ている業界唯一のサービスとなります。

https://nawabari.net/personalinfo/
やっち
やっち

特定商取引法とバーチャルオフィスについては、「特定商取引法に基づく表記」で住所を省略できる理由と記載例」という記事で詳しく解説しています。

「特定商取引法に基づく表記」で住所を省略できる理由と記載例 「特定商取引法に基づく表記」で住所を省略できる理由と記載例

犯罪収益移転防止法とバーチャルオフィス

犯罪収益移転防止法とは、犯罪で得た収益をマネーロンダリングやテロ行為等へ資金供与することを防止する目的で制定された法律です。

特定の業者が対象になり、契約時に個人情報や法人情報を確認する必要があります。

犯罪収益移転防止法の対象事業者
  • 金融機関等
  • 一定の非金融業者
    ※ファイナンスリース事業者、クレジットカド事業者、 宅地建物取引業者、宝石・貴金属等取扱事業者、郵便物受取サービス業者、電話受付代行業者、電話転送サービス事業者
  • 士業者
    ※司法書士、 行政書士、公認会計士、税理士、弁護士

犯罪収益移転防止法とバーチャルオフィスの関係

バーチャルオフィス事業も犯罪収益移転防止法の対象事業者に該当します。

そのため、バーチャルオフィスでは本人確認書類提出に加えて、以下の内容を契約時に確認する必要があります。

契約前の確認内容

【個人の場合】

  • 代表者の写真付き身分証明書
  • 代表者の現住所確認書類

【法人の場合】

  • 3ヶ月以内の登記簿謄本
  • 代表者の写真付き身分証明書
  • 代表者の現住所確認書類
  • 実質的支配者(個人)の現住所確認書類(議決権の25%を保有する自然人)

犯罪収益移転防止法に違反する可能性

バーチャルオフィス利用者というよりは、運営会社が犯罪収益移転防止法に違反していないかが重要です。

大手バーチャルオフィスでも犯罪収益移転防止法で求められる審査をしていないといった事例もあります。

やっち
やっち

顧問弁護士がいるバーチャルオフィスは安心です。

弁護士監修のもと、法に違反しない審査や運営をしています。

記事後半の法人登記向きバーチャルオフィスは全て顧問弁護士がいます。

公正証書原本不実記載等罪とバーチャルオフィス

公正証書原本不実記載等罪とは、登記や戸籍などの一定の公的な記録について、不正な申請(届出)をすることです。

例として、「本人の知らない間に住民票を移す」「許可なく勝手に他人の建物で法人登記する」などがあります。

公務員に対し虚偽の申立てをして、登記簿、戸籍簿その他の権利若しくは義務に関する公正証書の原本に不実の記載をさせ、又は権利若しくは義務に関する公正証書の原本として用いられる電磁的記録に不実の記録をさせた者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

法令検索より
やっち
やっち

法人登記では、本店所在地の権利証の添付は求められないため、やろうと思えば勝手に登記できてしまいます。

公正証書原本不実記載等罪とバーチャルオフィスの関係

バーチャルオフィスで借りた住所で法人登記をする際に、こんな不安を感じる人が多いです。

  • 実体のないバーチャルオフィスで登記することは違法?
  • 実際に作業する事務所は別にあるが、登記だけバーチャルオフィスの住所で大丈夫?

公正証書原本不実記載等罪に違反する可能性

バーチャルオフィスで登記する際、法律上問題になってくるのが「活動実態があるかどうか」です。


「事業主が実際にその場にいない」という場合でも、電話がつながる、郵便物を送れば登記された住所に届くのであれば、「活動している実態がある」住所として公式に認められています。

逆に「活動実態のないもの」とは、田畑や空き地のような建物がない土地や、事業主に連絡をとることができない場所を指します。

バーチャルオフィスでは郵便物の受取ができ、事業主とも連絡がとれるため「活動実態がある」と公式に認められています。

「個人事業者にあっては、現に活動している住所をそれぞれ正確に記述する必要がある。いわゆるレンタルオフィスやバーチャルオフィスであっても、現に活動している住所といえる限り、法の要請を満たすと考えられる。」

特定商取引法ガイド https://www.no-trouble.caa.go.jp/pdf/20180625ac04.pdf
やっち
やっち

もちろん悪用目的でのバーチャルオフィス利用は罪ですが、ビジネスで利用する分には違法性はありません。

結論:バーチャルオフィスでの法人登記は違法ではない

バーチャルオフィスを利用しての法人登記は違法ではありません。

実際、すでに多くの法人登記がされており「違法として調査がはいったことはない」と明言しているバーチャルオフィスもあります。

バーチャルオフィス側もこうした心配を払拭すべく、顧問弁護士監修のもと契約書を作成したりと対策を徹底しています。


バーチャルオフィスでの法人登記のメリット・デメリット

バーチャルオフィスでの 法人登記のメリット・デメリット

貸事務所やレンタルオフィスではなく、バーチャルオフィスで法人登記するメリットがあります。

またデメリットも少なからずあるので、良い面・悪い面の両方を紹介します。

バーチャルオフィスで法人登記するメリット

大幅なコスト削減が可能

バーチャルオフィスの魅力の1つが「大幅なコスト削減が可能」な点です。

例えば、4万円の格安事務所を選んでも、初期費用だけで28万円以上はかかりますが、バーチャルオフィスなら1万円以下で契約ができます。

こちらが貸事務所とバーチャルオフィスの初期費用(契約時に払うお金)を比較した表です。

項目貸事務所バーチャルオフィス
家賃4万円~5,000円~
前払い家賃賃料1~2か月分1か月~1年分
敷金or保証金賃料3~6か月分0~5,000円
礼金賃料1か月分入会金として
0~5,000円
保証会社加入料賃料総額の1か月分なし
仲介手数料賃料1か月分なし
改装費5万~なし
合計賃料7か月~11か月分
+改装費
賃料1か月~1年分
+入会金など
※地方都市の場合の事務所契約の例

通常の事務所契約では、賃料7か月~11か月分+改装費が初期費用でかかり、賃料4万円の格安事務所でも28~44万+改装費がかかります。

一方のバーチャルオフィスは、1年分の利用料を払っても10万円あればお釣りがくる会社も多いです。

やっち
やっち

貸事務所や解約する際にも内装や引っ越し代など、最後までお金がかかります。

一等地の住所が手に入る

バーチャルオフィスを利用すれば、普通の貸事務所で借りると何十万もする一等地の住所が手に入ります。

この住所が一等地というのは大きなメリットで、名刺に記載された住所を見て相手を判断する人が一定数いることが独自アンケートで分かっています。

名刺の住所が与える影響
名刺の住所が一等地の場合の印象

このように、バーチャルオフィスで借りた住所によってブランディングすることも可能です。

住所提供 起業時のオフィスの選び方≫貸事務所・レンタルオフィス・シェアオフィス・自宅どれがベスト?

バーチャルオフィスで法人登記するデメリット

法人口座開設はできない?

バーチャルオフィスに関してよく見かける質問の1つに「バーチャルオフィスの住所で法人登記しても口座開設できますか?」というものがあります。

答えは「銀行を選んで準備すればできる」です。

「口座開設できなかった」という口コミを見かけますが、その理由がこちら。

  • 事業計画が不十分だった
  • 全く取引のない銀行だった
  • 銀行の方針でバーチャルオフィスは口座開設を断わられた

調べたところ、地方銀行ではバーチャルオフィス契約者が法人口座を作ることは銀行の方針でNGというケースがあります。

やっち
やっち

このように「バーチャルオフィスだからNG」という理由がある一方で
そもそもの計画が不十分といった理由も挙げられます。

バーチャルオフィスで法人口座を開設したい時にやる事としてはは以下の3つが挙げられます。

  • バーチャルオフィスでの口座開設実績がある銀行を選ぶ
  • いきなり口座開設せず、相談に行ったりとコネを作っておく
  • 事業計画をしっかり準備する

銀行選び以外は特に「バーチャルオフィスだから」というわけではなく通常の事務所を契約しての口座開設と変わらない内容です。

やっち
やっち

バーチャルオフィスでの融資に関する記事も参考になるかと思います。

バーチャルオフィスで融資は不利?プロに聞いてみた! バーチャルオフィスで融資は不利?プロに聞いてみた!

閉鎖リスク対策が必要

バーチャルオフィスでは、突然閉鎖して法人住所の移転登記をすることになったという事例があります。

利用規約に「何カ月前までに通知すれば強制解約が可能」といった記載があれば従うしかありません。

移転登記にもお金と手間がかかるため、できれば避けたい事です。

実はこの「突然閉鎖するリスク」というのは対策ができます。

閉鎖リスク対策
  • 自社ビル運営のオフィスを選ぶ
  • 多事業展開しているオフィスを選ぶ
  • 店舗数の多いオフィスを選ぶ

具体的に行動して対策というよりは、閉鎖リスクの低い会社を選ぶことになります。

記事後半で紹介する法人登記向きバーチャルオフィスは、どれも閉鎖リスクが低いおすすめな会社です。

打合せ場所は毎回探す必要がある

バーチャルオフィスは、実際に部屋を借りずに住所だけを借りるため当然ながら部屋がありません。

こうなると、打ち合わせのたびに場所を探す必要があります。

さらに名刺に記載した住所に事務所がないため、不意に訪問した人に不信感を与えるかもしれません。

この問題を解決する手段が「会議室があるバーチャルオフィスを選ぶこと」です。

バーチャルオフィスによっては貸し出した住所のあるビル内に契約者が利用できる会議室が用意されています。

下の写真はワンストップビジネスセンターの青山本店の会議室です。

ワンストップビジネスセンター青山本店のレンタル会議室
ワンストップビジネスセンター青山本店

ワンストップビジネスセンターは貸会議室数が多くデザインにも力を入れており、おすすめなバーチャルオフィスです。

やっち
やっち

ワンストップビジネスセンターは記事後半でもおすすめバーチャルオフィスとして紹介しています。

ワンストップビジネスセンター比較記事 【ワンストップビジネスセンターの評判が高い理由】全店舗の口コミ調査とサービス内容を宅建士が分析

バーチャルオフィスで登記する際の注意点

バーチャルオフィスで登記する際の注意点

ここでは、バーチャルオフィスで法人登記する際のチェックポイントを紹介します。

開業ができない業種をチェック

バーチャルオフィスでは、そもそも登記不可な業種があります。

開業不可な業種の例
  • 風俗
  • 人材派遣
  • 有料職業紹介業
  • 古物商、不動産業
  • 建設業
  • 一部士業
  • 廃棄物処理業
  • 金融商品取引業
  • 探偵業

登記できない理由が、開業申請で必要な条件をバーチャルオフィスでは満たせないからです。

条件の例としてこのようなものが挙げられます。

  • 事務所を東西南北の全方位から撮影した写真の提出が必須
  • 顧客のプライバシーを守ることができる空間が事務所内に必要

私自身も宅建業の許可申請手続きをしたことがありますが、事務所の間取り、全方位の写真提出は必須でした。

ちゃんと実態があり、営業することができる環境なのかを証明するためです。

やっち
やっち

今後はバーチャルオフィスでも開業できるものが出てくるかもしれません。
1度、申請先に問い合わせてみることをおすすめします。

審査が緩くないかチェック

法人登記するなら、バーチャルオフィスの審査方法にも注意しましょう。

審査が緩いと過去に犯罪利用された可能性があります。

実際に詐欺等の目的でバーチャルオフィスを契約した事例もあります。

このような犯罪利用されたバーチャルオフィスを選ぶと、以下のようなトラブルが起きる可能性があります。

  • 法人口座開設で、住所が原因でNG
  • 顧客が住所をネット検索して犯罪歴がでてくる

自分は何も悪い事をしていないのに、とばっちりをくらいます。

より確実に、安全なバーチャルオフィスを選びたいなら、対面審査を徹底しているオフィスを選びましょう。

やっち
やっち

審査の厳しさでおすすめなのがナレッジソサエティです。

徹底した対面審査を実施しています。

記事後半のおすすめバーチャルオフィスでも紹介しています。

ナレッジソサエティ 【九段下エリア】ナレッジソサエティのバーチャルオフィスの評判|法人におすすめと言われる理由



法人登記におすすめなバーチャルオフィス

法人登記におすすめなバーチャルオフィス

ここからは、法人登記におすすめなバーチャルオフィスを紹介します。

どれも顧問弁護士がおり、法に則った運営をしているバーチャルオフィスです。

貸会議室の多さ、サイズ、価格帯がことなるので、自分にあった会社を選びましょう。

法人登記向きバーチャルオフィスとして選んだ理由

私が法人登記向きバーチャルオフィスとして選んだ理由が3つあります。

  • 顧問弁護士がいる
  • 閉鎖リスク対策をしている
  • 貸会議室がある

顧問弁護士がいる

バーチャルオフィスの中には顧問弁護士がいないバーチャルオフィスもあり、犯罪収益移転防止法に違反した審査方法をとっている会社もありました。

見えない部分ですが、顧問弁護士をちゃんと雇っているバーチャルオフィスの方が安心できます。

閉鎖リスク対策をしている

格安バーチャルオフィスの場合、必要なサービスまでコストカットしている可能性もあるためおすすめしません。

適正価格だと感じるバーチャルオフィスを選ぶことは、閉鎖リスク対策にもつながります。

今回紹介するバーチャルオフィスのなかには5,000円するものもありますが、サービスの質の高さと安心感があります。

貸会議室がある

法人登記するなら貸会議室はあった方が良いです。

法人口座開設で銀行担当者と打ち合わせをする時は、バーチャルオフィスは実態がない分、会社所在地のビルで打ち合わせできた方が良いです。

法人登記向きおすすめバーチャルオフィス3社

法人登記したい人におすすめな バーチャルオフィスのランキング
ワンストップビジネスセンターバーチャルオフィス1k-society
ロゴクリックでサービス概要へ
比較項目ワンストップ
ビジネスセンター
バーチャルオフィス1ナレッジソサエティ
ロゴワンストップビジネスセンターバーチャルオフィス1k-society
ランキング1位2位3位
初期費用10,780円
[特典利用で0円]
5,500円入会金16,500円
保証金30,000円
月額
(税込)
5,280円~
[特典利用で3か月無料]
880円4,950円
店舗全国44店舗渋谷/広島千代田区
郵便物
到着連絡
無料
会員サイトで確認
無料
LINE通知
オプション
月額1,100円
郵便物
転送
可能
1通100gまで
無料
全プランで可能
従量制
全プランで可能
従量制
郵便物の
直接受取
一部店舗で
可能
可能可能
最低
契約期間
6か月
または1年
※支払方法で異なる
1か月~
※単月契約は
月額3,960円
6か月
※7か月目以降は
単月契約
法人登記全プランで可能全プランで可能全プランで可能
貸会議室全国47室
※店舗によって
設置なし
ありあり
有人受付一部店舗ありあり
受付システムも完備
あり
受付システムも完備
リンク>比較記事
>公式サイト
>比較記事
>公式サイト
>比較記事
>公式サイト

おすすめ1位:ワンストップビジネスセンター

ワンストップビジネスセンター

バーチャルオフィス業界で老舗・大手と言えばワンストップビジネスセンターの名前が挙がります。

全国に40以上の店舗があり、貸会議室も業界最多クラスで47室あります。

私がワンストップビジネスセンターを法人登記向きおすすめ1位とする理由は、安定したサービス提供を徹底しているからです。

ワンストップビジネスセンターでは週1回の郵便物転送と、郵便物到着通知サービス(1通毎)が無料です。

このサービスだけでも人手がかかり、格安バーチャルオフィスでは未対応もしくは安定してサービス提供できずトラブルになることも多いようです。

ワンストップビジネスセンターではサービス提供を安定させるため、欠員がでた店舗へヘルプに入れるよう人員を配置しています。

ここまでやって、よく見かける「週1回の郵便物転送」「郵便物到着通知」が確実に実施されます。

月額5,280円~と、月額500円台の格安バーチャルオフィスと比較して少々高く感じるかもしれませんが、法人登記するならサービスの質と安定性を考えてワンストップビジネスセンターのように5,000円は出した方が良いでしょう。

ワンストップビジネスセンターの残念ポイント

ワンストップビジネスセンターは有人受付が一部店舗というのが唯一の残念ポイントです。

バーチャルオフィスで法人登記するなら、不意に取引先等が訪問した際の有人対応があった方が印象が良いです。

宅建士のコメント

ネットショップ販売者や個人事業主とは違い、法人登記する場合はワンストップビジネスセンターのようなより貸事務所に近い機能を持ったバーチャルオフィスがおすすめです。

不意の来客対応、打ち合わせスペース、週1回の郵便物転送は法人登記したい方には必須サービスと言えます。

私はバーチャルオフィスで法人登記したい方であれば、月5,000円程が適正価格だと考えています。

ワンストップビジネスセンターのプラン

エコノミープランビジネスプランプレミアムプラン
月額5,280円9,790円16,280円
初期費用10,780円10,780円10,780円
通話費用
前払い
5,000円5,000円
住所利用
法人登記
無料
郵便転送
専用電話番号
の提供
電話転送
電話秘書
共有FAX
貸会議室
利用
やっち
やっち

当サイトの限定の特典を用思惟して頂きました。

他のサイトにはない特典なので、見逃さないようご注意ください。

ワンストップビジネスセンター限定特典画像
※他サイトでの紹介コードの引用は固く禁じます。
ワンストップビジネスセンター比較記事 【ワンストップビジネスセンターの評判が高い理由】全店舗の口コミ調査とサービス内容を宅建士が分析

おすすめ2位:バーチャルオフィス1

バーチャルオフィス1

「バーチャルオフィス1」は法人登記可、貸会議室あり、週1回の郵便物転送、郵便物到着通知(無料)、有人受付、来客対応システム、安い郵便物転送料金と、これだけ揃って月額880円は破格です。

無理して営業しているのではないか不安になるレベルですが、「バーチャルオフィス1」運営者の方とお話して、営業を続けられる運営状態だと感じました。

私は個人事業主として「バーチャルオフィス1」を利用していますが、後々法人登記した際も料金そのままなので安心です。

貸会議室のサイズと数は、この記事でおすすめとして紹介しているワンストップビジネスセンターとナレッジソサエティよりも劣るものの、コスパ抜群のバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィス1の残念ポイント

「バーチャルオフィス1」は渋谷と広島の2店舗と数が少ないため、貸会議室を利用する事ができない人にとっては選びにくいかもしれません。

エリアによっては、全国展開しているワンストップビジネスセンターがおすすめです。

ただ不意の来客があっても「来客対応システム」を使って訪問者と直接会話できるため、バーチャルオフィスを利用していることを伝えたり、要件を聞くことができます。

宅建士のコメント

月額880円でここまでやれるのか?と疑いたくなる「バーチャルオフィス1」のサービス内容ですが、実際に運営会社の方と話してみて安心感を感じました。

徹底した閉鎖リスク対策であったり、バーチャルオフィス業界を念入りに調査した上での価格設定なので、よくある月額500円台の格安バーチャルオフィスとは違います。

バーチャルオフィス1のプラン

料金
入会金16,500円
保証金30,000円※基本的に解約時返金
月額4,950円

オプション

オプション内容料金
電話転送 (受信のみ)3,300円/月
電話転送 (受発信)5,500円/月
リアルタイム転送4,400円/月
スポット転送1,100円/回
到着通知1,100円/月

\ プロが選んで使う /

/ 2度見するサービス充実度 \

バーチャルオフィス1比較記事 【独自情報】バーチャルオフィス1≫利用者の口コミ・評判と注意点を丁寧に解説

おすすめ3位:ナレッジソサエティ

ナレッジソサエティ

ナレッジソサエティはバーチャルオフィス業界では唯一、住所に銀行名が入ったバーチャルオフィスです。

 住所:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル

一等地であることはもちろん、審査が対面審査(オンライン可)必須という厳重さで安心して利用できす。

バーチャルオフィスは貸事務所に比べて格安で契約できるため、色々な人が利用しています。

中には犯罪目的の利用であったり、ビジネス目的ではない利用者もいます。

やはりバーチャルオフィスで借りた住所で法人登記するなら、利用者が厳重に選別された会社がおすすめです。

さらにナレッジソサエティでは「法人口座開設保証制度」があり、口座開設できなかったことが理由で解約する場合は入会金・保証金・2ヶ月分の基本料金が返金されます。

法人登記した後のフォローが手厚いバーチャルオフィスです。

ナレッジソサエティの残念ポイント

ナレッジソサエティは様々なサイズの貸会議室と銀行名が入った住所が魅力的ですが、1店舗しかありません。

住所の選択肢が少なく、貸会議室も店舗まで距離があると利用できないため、おすすめ3位としました。

宅建士のコメント

ナレッジソサエティは貸会議室も充実しており、少人数の打ち合わせ~セミナーまで対応しています。

住所に銀行名が入っていることから、コンサルや士業など信頼性が重視される業種の方の利用が多いです。

月額料金を見ると万人受けするプランではありませんが、安心・信頼を重視するならナレッジソサエティがおすすめです。

ナレッジソサエティのプラン

料金
入会金16,500円
保証金30,000円※基本的に解約時返金
月額4,950円

オプション

オプション内容料金
電話転送 (受信のみ)3,300円/月
電話転送 (受発信)5,500円/月
リアルタイム転送4,400円/月
スポット転送1,100円/回
到着通知1,100円/月

\ 住所に銀行名が入った貴重な1社 /

/ 法人口座開設保証あり! \

ナレッジソサエティ 【九段下エリア】ナレッジソサエティのバーチャルオフィスの評判|法人におすすめと言われる理由

バーチャルオフィスで法人登記する際の疑問・質問

バーチャルオフィスで法人登記≫疑問・質問

これから法人登記するが、法人契約すれば良い?

A:まずは個人で契約する

バーチャルオフィス申し込み時に「法人登記したい」と伝えれば、各社でどうすればいいのか教えてもらえます。

たとえ住所が分かっていても、契約前に住所を無断利用した法人登記は絶対にしてはいけません。

バーチャルオフィスで初めての起業|注意点、起業方法、メリット、費用を詳しく紹介 バーチャルオフィスで初めての起業|注意点、起業方法、メリット、費用を詳しく紹介

法人登記できるバーチャルオフィスの相場は?

相場:3,699円

バーチャルオフィス19社を対象とした、法人登記できるプランの相場がこちら。

青マーカーの部分です。

相場初期費用月額料金
(税込)
最短
利用期間
住所
のみ
2,310円371円10.2か月
ネット
ショップ
4,300円783円1年
住所+郵便物
受取・転送
5,400円1,425円5.4か月
住所+
法人登記
13,663円3,699円4.2か月
住所+
貸会議室充実
14,609円4,345円6か月
平均8,056円2,124円7.5か月
相場調査結果より

今回紹介したバーチャルオフィスに5,000円前後のものがあるので高く感じるかもしれませんが、法人登記可能とはいっても無人で貸会議室がないバーチャルオフィスも含まれます。

法人登記して信頼性を維持しながら営業していくのであれば、やはり5,000円ほどは見ておいた方が良いです。

法人登記の違法性とおすすめバーチャルオフィスまとめ

法人登記の違法性とおすすめバーチャルオフィスまとめ

バーチャルオフィスを利用しての法人登記は可能ですが、注意しなければならないポイントもあります。

  • バーチャルオフィスが閉鎖してしまうと移転登記でまたお金がかかる
  • 過去に犯罪利用された住所だと口座開設や顧客の印象に影響

今回おすすめとして紹介したバーチャルオフィスは、運営会社が大手であったり、店舗数が多く老舗であるものを選びました。

安い事務所を借りることと比較しても、バーチャルオフィスのコスパの良さは抜群です。

やっち
やっち

自分にピッタリなバーチャルオフィスが見つかるよう応援しています。

比較項目ワンストップ
ビジネスセンター
バーチャルオフィス1ナレッジソサエティ
ロゴワンストップビジネスセンターバーチャルオフィス1k-society
ランキング1位2位3位
初期費用10,780円
[特典利用で0円]
5,500円入会金16,500円
保証金30,000円
月額
(税込)
5,280円~
[特典利用で3か月無料]
880円4,950円
店舗全国44店舗渋谷/広島千代田区
郵便物
到着連絡
無料
会員サイトで確認
無料
LINE通知
オプション
月額1,100円
郵便物
転送
可能
1通100gまで
無料
全プランで可能
従量制
全プランで可能
従量制
郵便物の
直接受取
一部店舗で
可能
可能可能
最低
契約期間
6か月
または1年
※支払方法で異なる
1か月~
※単月契約は
月額3,960円
6か月
※7か月目以降は
単月契約
法人登記全プランで可能全プランで可能全プランで可能
貸会議室全国47室
※店舗によって
設置なし
ありあり
有人受付一部店舗ありあり
受付システムも完備
あり
受付システムも完備
リンク>比較記事
>公式サイト
>比較記事
>公式サイト
>比較記事
>公式サイト


法人登記関連記事

【プロ厳選】福岡の法人登記向きバーチャルオフィス4社≫失敗しない選び方 【大阪エリア】バーチャルオフィスで法人登記したい方におすすめな3社を宅建士が紹介 【大阪エリア】バーチャルオフィスで法人登記したい方におすすめな3社を宅建士が紹介 【宅建士監修】名古屋の法人登記向きバーチャルオフィス3選 【宅建士監修】名古屋の法人登記向きバーチャルオフィス3選 法人の住所でお困りの方へ、法人登記できる様々なオフィスを紹介 法人の住所でお困りの方へ|法人登記できる様々なオフィスを紹介 自宅で法人登記するとバレる? 自宅で法人登記はバレる?居住用賃貸物件、住宅ローンにも注意