入会金0円・月660円~、コスパ最強。≫分析記事≪

【一覧表で簡単比較】個人事業主におすすめなバーチャルオフィスをプロが厳選

厳選したバーチャルオフィスを 一覧表で簡単比較!

この記事は、効率よく個人事業主におすすめな格安バーチャルオフィスを比較したい方向けの内容になっています。

個人で活動していた方が個人事業主になると、節税面で有利になる、屋号付き口座開設ができるなど、様々なメリットがあります。

一方で、個人事業主になると以下のような問題がでてきます。

  • アパートだから自宅を個人事業主の住所として使えない
  • 名刺を作りたいが自宅住所を記載したくない
  • 書類送付先として自宅住所を記載したくない

今の時代、自宅住所が不特定多数の人に知られて良いことはありません。

そこで役立つのが、ビジネス用の住所だけを格安で借りることができるバーチャルオフィスです。

ところがバーチャルオフィスは利便性が高い一方で、数が多すぎて選ぶのが非常に困難です。

やっち
やっち

この記事では、個人事業主の方におすすめな格安バーチャルオフィスだけを集め、比較できるようにしました。

ふきだし 普通

著者:やっち
バーチャルオフィスを調査し始めたら面白くなり、気づけば200社以上を分析。

300時間以上かけて分析してきた知識と経験を元にバーチャルオフィスを紹介。

※最新の情報は必ず公式サイトで確認をお願いします
※全て税込表記です

格安おすすめバーチャルオフィス分布図が表示されています。 計212社≫格安おすすめバーチャルオフィス9社を宅建士が厳選!

個人事業主向きバーチャルオフィスの選び方

個人事業主向きのバーチャルオフィスの選び方

ここでは、個人事業主向きバーチャルオフィスの選び方を紹介します。

個人事業主の場合、料金だけでなく選ぶポイントが何点かあります。

やっち
やっち

記事後半で紹介する、個人事業主向きおすすめバーチャルオフィスは

選ぶポイントを全てクリアしています。

おすすめバーチャルオフィス比較表もぜひご利用ください。

個人事業主向きバーチャルオフィスを選ぶポイント

  • 法人登記しても料金そのまま
  • 郵便物の受取・転送が可能
  • 審査がしっかりしている

バーチャルオフィス選びの際に、多くの人は月額料金で判断してしまいがちです。

個人事業主ならではの選ぶポイントを詳しく解説していきます。

法人登記しても料金そのまま

個人事業主の場合、売上によっては法人化する可能性もあると思います。

バーチャルオフィスは、法人登記しての利用の場合はプランアップ必須というパターンが多いので注意です。

法人化もみすえた選び方のポイントがこちら。

  • 法人登記しても利用料が変わらないものを選ぶ
  • 登記しても料金が許容範囲のものを選ぶ

どのバーチャルオフィスでも個人→法人への切り替えは可能ですが、最安プランで登記までできるオフィスは少ないです。

やっち
やっち

記事後半で紹介する、個人事業主向きおすすめバーチャルオフィスは

法人登記しても料金は変わりません。

おすすめバーチャルオフィス比較表

郵便物転送が可能なプランを選ぶ

個人事業主の場合、税金関係の書類が届く可能性があります。

プランによっては一切の郵便物が受取・転送不可という場合があるため注意が必要です。

また、郵便物の転送料金も会社によって様々なのでチェックしましょう。

審査がしっかりしたオフィスを選ぶ

審査が緩いバーチャルオフィスには注意しましょう。

もし書類提出不要など審査がない、もしくは緩いバーチャルオフィスがあれば要注意です。

犯罪利用されている可能性が高く、住所が犯罪に使われた履歴があると法人化して口座開設したい時にも困ります。

【個人の場合】

  • 代表者の写真付き身分証明書
  • 代表者の現住所確認書類

【法人の場合】

  • 3ヶ月以内の登記簿謄本
  • 代表者の写真付き身分証明書
  • 代表者の現住所確認書類
  • 実質的支配者(個人)の現住所確認書類(議決権の25%を保有する自然人)

【個人事業主向き】おすすめ格安バーチャルオフィス比較表

【個人事業主向き】おすすめ格安バーチャルオフィス比較表

比較表

バーチャルオフィス1レゾナンスPocketOffice
バーチャルオフィス1resonancepocketoffice
初期費用入会金5,500円入会金5,500円
デポジット1,000円*
入会金5,500円
月額
(税込)
880円~990円~1,078円~
法人登記料金
そのまま
料金
そのまま
料金
そのまま
リンク>比較記事
>公式サイト
>比較記事
>公式サイト
>比較記事
>公式サイト
*郵便物転送費用等に充てられる料金
バーチャルオフィス1レゾナンスPocketOffice
バーチャルオフィス1resonancepocketoffice
郵便物
転送
全プランで可能
週1回転送
転送頻度
月額990円:月1回
月額1,650円:週1回
オプション
■月1回:538円
■週1回:1,078円
■都度転送:1,738円
郵便物
到着連絡
LINE会員専用アプリLINE
法人登記料金
そのまま
料金
そのまま
料金
そのまま
貸会議室全店舗あり
1,100円/時
全店舗あり
1,100円/時
全店舗あり
1,100円/時
リンク>比較記事
>公式サイト
>比較記事
>公式サイト
>比較記事
>公式サイト

この3社を選んだ理由

私がこの3社を選んだ理由は「個人事業主向きバーチャルオフィスの選び方」で紹介したポイント3つを満たしているからです。

  • 法人登記しても料金そのまま
  • 郵便物の受取・転送が可能
  • 審査がしっかりしている

個人事業主で向きおすすめ3社の違い

今回紹介する3社の月額料金に大きな差はありませんが、郵便物転送サービスが大きく異なります。

郵便物の量、転送ペースでおすすめが変わります。

転送頻度で変わるおすすめ

気になる会社のロゴをクリックすると概要に飛びます。

バーチャルオフィス1pocketofficeレゾナンス

バーチャルオフィス1

バーチャルオフィス1
選んだのはバーチャルオフィス1
やっち
やっち

「バーチャルオフィス1」は、200社以上のバーチャルオフィスを分析してきた私も契約しているおすすめな1社です。

詳細
特徴月額880円で週1回の郵便転送が可能。
受付システム完備。
初期費用5,500円
月額880円~
郵便物
転送
全プランで可能
週1回転送
郵便物
到着連絡
LINE通知
法人登記全プランで可能
貸会議室全拠点あり
リンク>比較記事
>公式サイト
法人登記と住所利用法人登記と住所利用
+専用ポスト
入会金5,500円5,500円
月額880円3,520円
住所利用
法人登記
週1回
郵便物転送
専用ポスト

店舗情報

  • 東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル8B
  • 〒730-0051
    広島県広島市中区大手町1-1-20 相生橋ビル7階 A号室

特徴

  • 月額880円で法人登記・週1回の郵便物転送が可能
  • 郵便物転送料金が安い

月額880円で法人登記・週1回の郵便物転送が可能

「バーチャルオフィス1」なら、月額880円で週1回の郵便物転送と法人登記が可能です。

個人事業主のまま利用するのはもちろん、法人成りした後も変わらない金額で利用できます。

バーチャルオフィス業界では、法人登記して週1回以上の郵便物転送サービスを受けられるプランとなると月額1500円以上のプランが一般的です。

「バーチャルオフィス1」なら、1,000円以下でこのサービスを受けることができます。

郵便物転送料金が安い

「バーチャルオフィス1」は郵便物転送料金が安いです。

バーチャルオフィスでは一般的に、郵便物転送手数料+郵送費(切手代等)がかかります。

1度の転送でかかる費用は、ハガキ1枚でも200円~300円、高いと900円以上かかる会社もあります。

「バーチャルオフィス1」なら、以下の図のように転送料金が安いです。

転送費用の比較

\ プロが選んで使う /

/ 2度見するサービス充実度 \

バーチャルオフィス1比較記事 【独自情報】バーチャルオフィス1≫利用者の口コミ・評判と注意点を丁寧に解説

PocketOffice

pocketoffice
PocketOffice公式サイトのLP
やっち
やっち

PocketOfficeは、万が一郵便物が届いても対応してもらえます。

基本的に郵便物は届かない人におすすめ。

詳細
特徴HPサブスクサービスが便利。
郵便物が届くか不明な人にもおすすめ。
初期費用5,500円
月額1,078円~
郵便物
転送
オプション
■月1回:538円
■週1回:1,078円
■都度転送:1,738円
郵便物
到着連絡
LINE通知
法人登記全プランで可能
貸会議室全拠点あり
リンク>比較記事
>公式サイト

プラン・オプション

基本プラン詳細(税込)
初期費用入会金5,500円
基本料金1,078円
法人登記無料
基本プラン内容
オプション
一覧
詳細(税込)
郵便物
月1回転送
538円
郵便物
週1回転送
1,078円
郵便物
都度転送*
1,738円
固定
電話番号
1,738円
HP作成・管理
「PocketWEB」
3,080円
*都度転送:郵便物が届き次第すぐに転送

店舗情報

  • 東京都渋谷区桜丘町4-14 VORT渋谷桜丘5階

特徴

  • 郵便物転送オプションに加入しなくても対応してもらえる
  • ホームページサブスクサービスが便利

郵便物転送オプションに加入しなくても対応してもらえる

PocketOfficeでは、郵便物の転送オプションに加入していなくても対応してもらえます。

他社では見かけない良心的なサービス内容です。

月1回以上、定期的に郵便物を転送して欲しい場合は転送頻度に合わせてオプションを追加します。

オプション
一覧
詳細(税込)
基本料金1,078円
郵便物
月1回転送
538円
郵便物
週1回転送
1,078円
郵便物
都度転送*
1,738円
*都度転送:郵便物が届き次第すぐに転送
やっち
やっち

「郵便物が届くかどうかも分からない」という場合、オプション料金がもったいなく感じますよね。

PocketOfficeなら、万が一郵便物が届いても安心です。


参考:オプション未加入の場合の転送費用

料金設定
普通(定形外)
郵便
■150gまで 440円/回+送料
■151g〜500gまで 660円/回+送料
レターパック550円+送料

ホームページサブスクサービスが便利

PocketOfficeのHPサブスクサービス「PocketWEB」は便利です。

特に、WEB関係の知識がない方なら検討する価値のあるサービスです。

知識がない人が自力でHPを作成するには時間がかかり、クオリティも低くセキュリティも万全にできるかは心配な点です。

そこを、PocketOfficeなら月額3,080円という格安料金でプロにお任せできます。

他社でもHP作成代行などありますが、作成に2万円以上のお金がかかり、完成後のメンテナンスは別料金といったパターンが多くみられます。

やっち
やっち

PocketOfficeは運営会社がWEBサービスを手がけており、WEBでの集客のプロです。

PocketOffice比較記事 PocketOfficeのバーチャルオフィス|口コミ・評判とおすすめポイント

レゾナンス

レゾナンス
レゾナンス会員専用アプリのメリット
レゾナンスの便利な会員アプリ
詳細
特徴サービスの質の高さが好評。
格安ながら充実したサービスが受けられる。
初期費用入会金:5,500円
デポジット*:1,000円~
月額990円~
郵便物
転送
全プランで可能
※従量制
郵便物
到着連絡
メールまたは
会員専用アプリ
法人登記全プランで可能
貸会議室全拠点あり
リンク>比較記事
>公式サイト
*郵便物転送費用等に充てられる料金
プラン内容月額(税込)法人登記
月1回
郵便物転送
990円
週1回
郵便物転送
1,650円
やっち
やっち

レゾナンスでは、郵便物転送頻度によって料金が変わります。
フリーランスなどで郵便物がほとんど届かない方には月1回郵便物転送プランが人気です。

店舗情報

  • 港区浜松町
  • 日本橋
  • 新宿
  • 銀座
  • 渋谷
  • 青山
  • 恵比寿店
  • 横浜

特徴

  • 会員専用アプリが便利
  • オプションが豊富、法人利用にもおすすめ

会員専用アプリが便利

レゾナンス会員専用アプリのメリット

レゾナンスの魅力の1つが、会員専用アプリの利便性の高さです。

会員専用アプリがあるメリットはこちら。

  • 通知を見逃しにくい
  • アプリ上で郵便物の破棄や即時転送の指示できる
  • 電話代行の対応内容をアプリ上確認できる

バーチャルオフィスでは一般的に郵便物到着連絡はメールですが、見逃すことが多いというデメリットがあります。

アプリなら通知にも気づきやすく、見逃す確率が下がります。

オプションが豊富、法人利用にもおすすめ

レゾナンスでは基本プランに郵便物転送がついており、電話転送などの電話サービスはオプションで追加可能です。

個人事業主でも、法人利用でも様々な要望に応えられるオプションです。

基本プラン内容

プラン内容月額(税込)法人登記
月1回郵便物転送プラン990円
週1回郵便物転送プラン1,650円

オプション一覧

オプション一覧月額
郵便物都度転送1,100円
プライベートロッカー3,300円
転送電話
(着信のみ)
2,200円
貸出し番号
(発着信)
4,400円
電話秘書代行4,400円
電話秘書代行内線取次3,300円
共有FAX550円
専用FAX1,100円
フリーダイヤル4,400円
報告オプション
(代行の内容を連絡)
550円
屋号追加週1転送プラン 1,650円
月1転送プラン 990円
やっち
やっち

レゾナンスは利用者の満足度が高く、顧客満足度は驚異の98.2%!
サービスの質の高さには自信があるバーチャルオフィスです。

\ 一等地から選べる住所 /

/ 今なら3か月無料! \

レゾナンスの比較記事 【なぜ利用者急増?】レゾナンス44名分の口コミ・評判調査で納得≫さらに宅建士が気づいたメリット・デメリット

バーチャルオフィスでの個人事業主開業がおすすめな人

バーチャルオフィスがおすすめな人

アーティスト、デザイナー

パソコン1つで仕事ができたり、家でも作業ができるアーティストやデザイナーにはバーチャルオフィスはピッタリです。

今の時代、ネットに住所や連絡先を記載すると、どこで誰に悪用されるか分かりません。

実際、アーティストやハンドメイド作家のプライバシー保護のためにできた「和文化推進協会」というバーチャルオフィスがあります。

月額550円で固定電話番号まで借りられるおすすめなバーチャルオフィスです。

ネットショップ運営者

今では副業でハンドメイド作品を販売したりと、自宅にいながらビジネスができるようになってきました。

ところが、ネットショップを運営するうえで避けられない「特定商取引法」によって販売者の名前・住所・連絡先を公開する必要があります。

この特定商取引法の対策の1つがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスの住所・連絡先を代わりに記載することができます。

講師、司会業

講師や司会業で全国各地をまわっている人にもバーチャルオフィスはおすすめです。

特に郵便物到着をお知らせしてくれるバーチャルオフィスであれば、なかなか自宅に戻れなくてもどんな郵便物が届いたかを知ることができます。

やっち
やっち

今回おすすめとして紹介した3社は全て郵便物到着連絡が無料です。

インフルエンサー

事務所に所属していない方の場合、プレゼント贈り先としてバーチャルオフィスが活躍します。

ただ1つ注意点があります。

私も驚いたのですが、発信機が埋め込まれたプレゼントが送られてくる場合があるそうです。

これではせっかくバーチャルオフィスを利用していても、悪質なファンに住所がバレてしまいます。

このトラブル対策までしてもらえるバーチャルオフィスがNAWABARIです。

AirTag等の発信機が埋め込まれていないか、金属チェックを導入しています。

やっち
やっち

NAWABARIは個人事業主なら月額1,100円、法人登記する場合は月額1,650円です。

今回はおすすめとして紹介していませんが、利用者が多いおすすめなバーチャルオフィスです。

NAWABARI 【BASE提携】バーチャルオフィスNAWABARI|口コミ・評判とプラン内容を分かりやすく解説

バーチャルオフィスで開業したい個人事業主|心配・疑問と答え

よくある疑問・質問

ここでは、個人事業主ならではの疑問や悩みに対する答えを紹介していきます。

個人事業主の納税地はどうなる?

A.「開業届け」に記載した住所が納税地となる

個人事業主の納税地は、「住所地」「居住地」「事業所」の3つのから選べます。

  • 「住所地」:住民票に記載した住所
  • 「居住地」:住所地ほどではないが、よく居住している場所
        例)海外に住んでいる方等が国内での活動するための拠点
  • 「事業所地」:住所地とは別にお金を出して借りている事務所

これら3つの住所から納税地を選んで、開業届けに記載します。

しかし、実際の開業届けを見ると「納税地」「上記以外の住所地・事業所等」と、2か所記入欄があります。

個人事業主の届出書記入例
個人事業主開業届け:国税庁サイトより

開業届でバーチャルオフィスを利用している人たちが、どのように記載しているのかを調べてみました。

開業届けの住所記入内容

納税地に記載する住所:住所地か居住地

  • 理由1:税務調査は原則的に納税地行われるため、調査が入った時に対応がスムーズ
  • 理由2:税務署からの書類が納税地に届くため

上記以外の住所地・事業所等:バーチャルオフィス

記載方法については、上記のパターンが多いようです。

開業届でバーチャルオフィスのをみ納税地として届け出た場合、自宅の家賃や通信費などを経費として落とせない可能性もあります。

やっち
やっち

自宅とバーチャルオフィス両方の住所を記載する人が多いです。


郵便物はどうなる?

A.受取・転送してもらえる

バーチャルオフィスに届いた郵便物は、希望の住所まで転送してもらえます。

この郵便物に関わる料金設定はバーチャルオフィスごとに異なります。

参考までに、郵便物関係の相場を紹介します。

郵便サービスの相場
  • 郵便物受取:無料
  • 郵便物転送:手数料220円/回+切手代など実費
  • 都度転送(定期転送以外):手数料500円~1000円+実費
  • 定期転送頻度:月1~4回
  • 宅配物受取:無料~550円/回
  • 宅配物転送:手数料330円~1000円/回+着払い

バーチャルオフィスでは、郵便物関係の料金で月+1000~2000円ほどかかります。

やっち
やっち

ぱっと見の基本料金が安くても、郵便物関係の料金が高いというパターンもあります。
気をつけましょう。

法人化したいときはどうする?

A.契約を個人→法人に切替が可能

個人事業主としてバーチャルオフィスを利用していて、途中から法人として契約することも可能です。

つまり、バーチャルオフィスで借りた住所を法人の会社所在地で使用することができます。

違法ではありません。

ただ1つ注意点があり、法人登記するにはプランアップが必要な会社が多くみられます。

  • 登記しても料金が変わらない
  • 法人登記しても安い

個人事業主の方は、上記2点をふまえてバーチャルオフィス探しをすることをおすすめします。


参考:法人登記できるプランの相場

100社ほどバーチャルオフィスをみてきた印象では、法人登記できるプランの相場は1,000~5,000円といったところです。


会議室や打ち合わせ場所が欲しい時はどうする?

A.バーチャルオフィスの貸会議室が利用できる

バーチャルオフィスには、貸会議室が設置されているものがあります。

料金は1,100円/時となっており、バーチャルオフィスは会員価格で貸会議室を利用することができます。

やっち
やっち

今回おすすめとして紹介した3社には貸会議室が用意されています。

顧客がバーチャルオフィスに行ってしまったらどうなる?

A.有人受付や受付システム、社名掲示で対応可能

バーチャルオフィスによっては、有人受付受付システムで不意の訪問者に対応することが可能です。

不信感を持ったまま関係者が帰ってしまう対策になります。

やっち
やっち

今回おすすめとして紹介した3社は、有人受付か受付システムが設置されています。

経費にできる?

A.経費にできます

バーチャルオフィス利用料は「支払手数料」として経費計上できます。

「地代家賃」や「賃借料」の場合、実在する部屋を借りるわけではないため不適切という意見もあるため、支払い手数料で仕分ける事が多いようです。

さらに、バーチャルオフィスで利用できる郵便物転送や貸会議室の利用料も経費計上できます。

  • 郵便物転送→通信費
  • 貸会議室→会議費

自宅とバーチャルオフィス、どちらも経費計上する場合は、個人事業主の開業届けに両方の住所を記載しましょう。

やっち
やっち

自宅で仕事をしていると、どうしても経費は自己使用分を除いて計上しなければなりません。
バーチャルオフィスは仕事用でお金を払って借りているので、全て計上することができます。
※1年払いプランなど、前払い利用料場合は一括で経費計上できない可能性あり

レンタルオフィスよりもバーチャルオフィスがいいのか?

A.コスパを考えると断然バーチャルオフィスがおすすめ

バーチャルオフィスとレンタルオフィスどちらがいいのか?という疑問に対する答えは、「バーチャルオフィスで仕事が完結するならわざわざレンタルオフィスを借りる必要はない」です。

レンタルオフィスのプランも見ることが多いのですが、月3万が相場といったところです。

一方、バーチャルオフィスであれば月2,000円以下で様々なサービスが利用できます。

やっち
やっち

自分専用のワークスペースがどうしても必要ならレンタルオフィスもありですが、「ビジネス用の住所だけあればいい」という人にはバーチャルオフィスをおすすめします。

バーチャルオフィスのメリット・デメリット

バーチャルオフィスのメリット・デメリット

ここではバーチャルオフィスのメリット・デメリットを紹介します。

バーチャルオフィスは便利でおすすめポイントはたくさんありますが、知っておいてほしいデメリットもあります。

良い面と悪い面の両方を知って契約に臨みましょう。

デメリット

部屋は借りられない事で不便さはある

バーチャルオフィスでは実際に部屋を借りるわけではないため、不便な点もあります。

  • 郵便物が自宅に届くまで時間がかかる
  • 顧客や関係者がバーチャルオフィスの住所に行ってしまう
  • 打合せ場所に困る

これらはバーチャルオフィスの大きなデメリットでもありますが、各社で対策を打っています。

その対策方法を2つ紹介します。

郵便物が自宅に届くまで時間がかかる対策

バーチャルオフィスでは郵便物を受取・転送してくれますが、もし急ぎで転送してほしいものがある場合は「都度転送」というサービスがあります。

通常は契約した郵便物転送頻度(例:週1回)ですが、急いで送ってほしい場合は都度転送で早く受取ることが可能です。

やっち
やっち

店舗が近ければ取りに行くという手もあります。

顧客がバーチャルオフィスの住所に行ってしまう対策

有人受付で不在の案内をしてくれたり、受付システムで直接来訪者と会話することができます。

このサービスはバーチャルオフィスによってはない場合も多いため、契約前に要チェックです。

打合せ場所に困る対策

バーチャルオフィスによっては貸会議室を用意しています。

レンタル会議室を利用すると、人によってはなぜ名刺に記載された事務所で打ち合わせができないのか違和感を感じるかもしれません。

打ち合わせが多い方は特に、貸会議室があるバーチャルオフィスがおすすめです。

長期契約ほど安い

長期契約ほど安いことは一見お得にも見えますが注意点もあります。

それは、バーチャルオフィスでは途中解約しても返金されないことが多いからです。

よく見かけるのが「1年契約プランで1,650円/月」といった、年間契約なら安くなるというパターンです。

1か月単位での契約になると割高になり、つい「やっぱり長期契約のほうがいいな」と思わせる上手な料金設定です。

やっち
やっち

個人的な意見になりますが、バーチャルオフィスは利用してみないと分からない部分もあります。
まずは1か月単位で契約して、そのあとに長期契約するか検討するの1つの方法だと思います。

選び方が難しい

バーチャルオフィスは、通常の事務所とは異なり実在する部屋がありません。

  • 立地
  • 料金
  • サービス内容

この3つで判断することになります。

通常の事務所であれば、アットホームなどで希望のエリアから賃料や立地、外観、内装を比較して、実際に見て決断することができます。

ところが、バーチャルオフィスはHPなどの画面上の情報で判断しなければなりません。

多くの方は以下のような疑問があるのではないでしょうか?

  • 比較しても違いが分からない
  • 郵便物関係の料金の相場が分からない

そこで、19社を対象としたバーチャルオフィスの料金相場の調査結果を用意しました。

相場を頭に入れてからバーチャルオフィスを探すことで、効率よく絞込ができます。

自宅近くに店舗がない可能性がある

バーチャルオフィスは都市圏に集中しており、地方都市だと自宅から気軽に行ける距離に拠点がないというケースもあります。

「一等地の住所を格安でレンタルできる」というメリットで宣伝するには、やはり駅近などで拠点を設ける必要があるため仕方がない点でもあります。

しかし、郵便物を急ぎで受け取りたいときは、やはり自宅から取りに行ける距離のほうが良いです。

やっち
やっち

今回のおすすめバーチャルオフィスには入っていませんが、全国展開しているKarigoなら、他社が出店していないエリアにも店舗があります。

バーチャルオフィスのメリット

一等地の住所利用ができる

バーチャルオフィスのメリットの1つが、一等地の住所をレンタルできる点です。

東京・銀座などの、普通に事務所を借りたら初期費用だけで50万超え、毎月の賃料も20万で納まるか分かりません。

一方、バーチャルオフィスであれば銀座の住所を月額500円から利用することも可能です。

やっち
やっち

一等地の住所をシェアすることで、格安で利用することができます。

初期費用が安い

バーチャルオフィスの初期費用は安いです。

初期費用の相場は3000円~6000円といったところ。

通常のオフィスを借りるとなると何十万円としますが、バーチャルオフィスであればかなり安く事業をスタートすることができます。

やっち
やっち

バーチャルオフィスと初期費用について知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
どれだけバーチャルオフィスが安いか、仲介業者目線で書いています。

バーチャルオフィスと初期費用とランニングコスト

解約時も安い

バーチャルオフィスは解約時も安いです。

通常の事務所解約の対応を普段の仕事でしていますが、解約にも間とお金がかかります。

事務所など事業用物件の解約の特徴
  • 解約通知は3~6か月前
  • 原状回復義務

住居の場合は退去の1か月前予告が一般的ですが、事業用となると3か月以上前に通知する必要があります。

すぐに解約したくても、3か月分の家賃は丸っとかかってしまいます。

さらに、「原状回復」があるため、借りたときと同じ状態に戻す必要があります。

壁などで仕切りを作っていれば撤去しなければなりません。

やっち
やっち

一方、バーチャルオフィスでは利用規約に従って解約をします。
多くの場合は1か月前までに通知し、HP等から借りた住所を削除すればOK。
かなり簡単です。

ランニングコストが270円~

バーチャルオフィスでは、業界最安プランが月270円です。

郵便物の受取がない、本当に住所だけを借りるプランではありますが、ワンコインでおつりが230円も戻ってくるという、破格の料金設定です。

勤め先の仲介会社で募集している事務所の中でも最安値のものを探しましたが、15㎡のもので月額27,500円でした。

初期費用を計算すると、16万円は安く見積もってもかかります。

27,500円の事務所でさえ、初期費用とランニングコストがここまでかかります。

やっち
やっち

せっかくバーチャルオフィスというものを知ったのなら、1度は事務所ではなくバーチャルオフィスを検討することをおすすめします。

まとめ

まとめ

個人事業主がバーチャルオフィスを利用するメリットはたくさんあります。

仲介業者で務める立場からすると、わざわざ事務所を借りなくても仕事が完結するならバーチャルオフィスをおすすめします。

通常の事務所と比較すると、コスト面は断然バーチャルオフィスが安いです。

今回は東京の3社をおすすめとして紹介しましたが、各エリアの個人事業主におすすめなバーチャルオフィスまとめ記事といった、個人事業主向けの記事もありますのでぜひ活用してください。